普通は3年で売るのが普通?

貴晴です。

この時期は印刷業界は忙しくなって、必死に働くのでなかなかブログの更新ができないかもしれないですけど、なんとか時間作って書いていくのでよろしくお願いします。

さて、最近知ったんですけど、車は普通は3年経つと買い替え時になるようです。というのも新車で買ってから初めての車検が3年目にくるからなんだそうです。要は車検に通さずに新車に買い替える人が多いって事なんですかね?丁寧に乗ってれば3年なんてあっという間にきますし、そもそも車って車検に出すものっていうイメージがあったのでちょっと意外でした。

ただ、一般保証が終了したとしても特別保証もあるのでそのまま乗れるなら乗ってしまった方がいいかなと思います(まぁ僕の車はもうアウトですけどね)。

じゃあ僕の10年前の車は売れるのかって話ですけど、結論から言えばギリギリです。消耗品の交換とか整備に結構色んなものがかかるので買い取ってもらえない事もあるみたいです。ただ、キレイな状態が保たれててそこまで整備が必要ない車であれば買取してもらえるようです。

色んな車の買取実績とかをみてると確かに大体が5年落ちくらいで売られてますね。5年は高額査定されるボーダーラインみたいに見えます。ただ、走行距離でかなり査定額にバラつきがあるのもわかりました。

走行距離が少ない方が査定額は高額になるみたいです。僕の車は10年前のものなのでそれなりに走行距離がありますし、高額査定してもらえるんですかね?少しでも高く売りたいなって思うのでもう少し調べてみたいと思います。